2005年11月17日
イギリスのテスコに分割案

英国のSMチェーン、テスコに分割案が出ているようです。
The British Office of Fair Tradingという組織が、Competition Commissionに勧告するかどうかを検討しているという話を、英国の新聞が掲載しました。

テスコは現在食品シェアで30%を超えていて、独占状態にあたるのではないかという批判が出ています。

ちなみにウォルマートはというと、2010年ごろまでに全カテゴリーで30%を占めることを目標としています。
例えば紙おむつやヘアケアカテゴリーではすでに30%を超えていますが、青果9%、精肉0.9%など生鮮は弱いのが現状です。

目標の30%に達することは今の勢いだとありえるでしょうが、そこでFTCがどう判断するかが見ものです。
独占を排除する目的は、寡占によって価格がコントロールされることで消費者が不利益を被るからですが、ウォルマートは価格を下げ続けているため、独禁法に抵触することはないと言われているからです。

要するに、独占状態を作った企業がどう動くか、これがカギとなるわけで、これはテスコにもあてはまります。
つまり、テスコは30%のシェアを利用して価格を上げているのかどうか。
これがテスコが分割されるかどうかの判断基準となるのでしょう。

鈴木敏仁 (03:10)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]