2005年11月18日
ホールフーズがライブロブスターの店頭販売を見直し

米国のSMは、スペシャリティ型のSMはとくに、生きたロブスターを水槽に入れて店頭で売るケースが多いのですが、これはアメリカ人がロブスター好きであることと、店頭の雰囲気を作るため、の2つの理由が考えられます。

ホールフーズも水槽を置いて売ってますが、これを見直すことにしたそうです。
同社の動物愛護スタンダードに合わないとか。
サプライチェーン上の取り扱いも見直し、店頭でも自然に近い環境を作れない限り、販売を中止するかもしれないとしてます。

まあ確かに、かわいそうと言えば、かわいそうなんですが。
しかしですねえ。牛の屠殺なんて、鮮魚に比べればさらに凄惨そのものでして・・・。
それを、一杯食べてるわけですしね。

捕鯨に反対するマインドと共通するものを感じます。

アングロサクソンのナイーブさは、アジア人のナイーブさとは微妙にずれていて、このあたりは非常に分かりづらいです。

鈴木敏仁 (04:55)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]