2009年5月15日
[スーパーマーケット業界] 昨年の業界成長率は5.2%増

FMI(食品マーケティング協会)が恒例の"State of Food Retailing 2009"を昨日公開しました。以下ハイライトです。

◇売上高成長率は5.2%、改装とリロケーション店舗を除いた既存店成長率は4.5%と好調だったが、食品インフレ5.7%を差し引くと、実質は順番に0.5%増と1.2%増だった。

◇税引き後の最終利益は1.82%増。10店舗未満のインディペンデントは売上高1.9%増、改装とリロケーション店舗を除いた既存店成長率は5.11%増で、平均を上回った。

◇商品回転数は15.60から16.43へ、時間あたり売上高は138.90ドルから145.51ドルへ、スクェアフィートあたりの売上高は8.01ドルから8.32ドルへと向上した。

◇価格以外で重要と考えている戦略は、生鮮(97.3%)、ウェルネスと健康(68.4%)。

◇広告宣伝費の伸びはフラットだったが、新聞やテレビと言ったマスメディアが広告費に占める比率が52.2%から48.6%減って、よりターゲットを絞ったキャンペーンへと移行している。また寄付が広告宣伝費に占める比率が3.9%から5.8%へと増えた。


トゥイッターR2Link

鈴木敏仁 (12:07)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]