2011年4月25日
「カナダの小売業界のおもしろさについて」Vol.15,No.17

アメリカ流通eニュース

 先日トロントに店舗取材へ行ってきた。2泊3日、正味で二日間、24店舗を駆け足で見て回ってきたのだが、非常におもしろかった。いつも1泊程度でしか行かず数店舗を見るだけで終わらせているのだが、数十店舗を一気に見ると店舗作りの思想のようなものまで分かったような気がする。
 カナダはアメリカと長い国境を接していて人の往来が激しく、人種的にもアメリカと似通っており、一見するとまるでアメリカのような国である。ところが細かく見てゆくとかなり違うことに気づく。
 これはおそらくカナダという国の成り立ちから来ているのだろう。この違いが店舗にも表現されているのである。


<これ以降の内容に興味のある方は、アメリカ流通eニュース(有料)をご購読下さい。>

鈴木敏仁 (10:13)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]