2011年5月20日
[バーンズ&ノーブル] リバティメディアから買収提案

バーンズ&ノーブルがリバティメディアから買収を提案されました。総額はおよそ10億ドル。

リバティメディアはケーブルTVビジネスからスタートして、現在はいろいろな企業の資本を所有する、いわゆるコングロマリットです。
主要な企業名を挙げると、QVC、エクスペディア、アトランタ・ブレーブス、シリウスXMラジオ、などなど。また傘下の投資企業を通してタイムワーナーに投資するなど、資本関係のある企業はかなりある模様です。


経営破綻して分割されてしまいそうなボーダーズと対照的ですね。
もし買収されると、株式市場にリアルな店舗を持つ書店チェーンがいなくなるんじゃないでしょうか。

ちなみにこのオファー、裏にいるのは創業者のリッジオなんでしょうねえ。

鈴木敏仁 (01:22)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]