2012年3月21日
[CVSケアマーク] ビューティ360から全面撤退

CVSがビューティ360から撤退することを発表しました。現在25ヶ所、撤退後の空きスペースをどうするのかについては言及してません。

ビューティ360を開発したのは2008年の11月のことでした。
二度ほどここでもエントリーしています。
[アメリカ流通視察] ビューティ360の革新性
[アメリカ流通視察] 多店舗展開を決めたビューティ360


二つ目のエントリーで、プレスティージブランドと契約したという話を書いているのですが、結局品揃えされることはありませんでした。
情報ソースの勘違いだった模様。


結局、アメリカのドラッグストアにはプレスティージを引っ張ってこれるだけのフォーマットを開発する力は無いということが判明しちゃいましたね。
ウォルグリーンがニューヨークとシカゴのフラッグシップストアで同じ事をやろうとしていますが、たぶん無理でしょう。
やっぱりヘルスケア業態であって、ビューティはマスまでということなですねえ。

こうなると、カナダのショッパーズドラッグマートの凄さがいっそう際立ってきます。

鈴木敏仁 (12:40)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]