2012年10月11日
[ウォルマート] Eコマースの目標はグローバルで2014年までに90億ドル

ウォルマートが金融業界向けのカンファレンスを開催しました。ウォルマートは年に何回か証券会社主催のカンファレンスで幹部がスピーチするのですが、10月のみウォルマート主催でベントンビルで毎年開催されます。

今回注目できるのははじめてEコマースの具体的な数値目標について公にしたことですね。タイトルにしたとおり、2014年までにグローバルで90億ドルとするそうです。
今までは何をしているのかについて説明することはあっても、数値について語ることはなかったので、本腰を入れたんだろうなということがこれで分かります。

参考までにウォルマートの連結売上高は4470億ドルに達してますので、90億ドルという数値はそれだけみると大きな額ですが、ウォルマート全体で見るとまだまだ微々たるものです。

また小型フォーマットへの注力が本格化してきました。
ネイバーフッドマーケットの来年度の新店数は95~115店舗で、2016年までに500店舗、年商100億ドル目指すそう。
この小型フォーマットは出店する場所が今までとは異なるので、影響を受けるスーパーマーケット企業が出てきそうですね。

米国事業の業績は、第2四半期の既存店成長率が2.4%増で、これでプラスは4四半期連続。
プロジェクトインパクトに次ぐ新たなイニシアチブ(生産性の輪)が成功して業績は完全に回復したと見ていいようです。
生産性の向上によって低価格化を続けるので仮に景気が悪化しても業績に影響はないとまで言い切ってまして、スタンスはかなり強気になっています。

鈴木敏仁 (02:53)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]