2015年1月16日
[ターゲット] カナダから撤退、事業は清算へ

ターゲットがカナダからの撤退を発表しました。
売却先は決まっておらず、事業清算です。

進出時の総投資額は40億ドル以上で、過去2年間の累損は25億ドル、赤字はあと6年は続くとというのが同社の予測だそう。
売却ではない点に違和感をちょっと感じますが、よほど急いでいたんでしょうかね。
店舗数は133です。

これがカナダへの進出を決めたときのエントリーです。
 [ターゲット] カナダへの進出を決定

カナダ人は国境を越えてターゲットでよく買い物をするそうで、だからターゲットには勝算がありました。
でも、為替を過小に見てしまったんじゃないかなと。
カナダから見るとアメリカの物価は安く見えるんです。

最大の敗因は、ゼラーズ買収で進出したことにあるでしょう。
ゼラーズはディスカウント型で店舗の立地がターゲットとはマッチしていませんでした。

それとオープン早々大量に欠品していたようで、オペレーションがだめでした。
前CEOのグレッグ・スタインヘイフェルに海外進出をマネッジできる技量がありませんでした。

しかしCEOが変わると、前任が着手した海外事業をポンとやめる例が多いですね。
テスコのフレッシュ&イージーがそうでしたし、最近ではビッグロッツがCEOが変わってすぐにカナダから撤退しました。
後任には自分で買収したという責任感というか執着心が希薄だからなんだろうと思っています。

鈴木敏仁 (01:53)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]