2016年2月 4日
[アマゾン] リアル書籍店舗の展開計画について

アマゾンがリアル書籍をシアトルで1店舗実験中ですが、300~400店舗を出店目標としているというニュースが流れました。
確定的に報じているメディアもあるのですが、実はショッピングセンター運営会社ジェネラル・グロースのCEOが自社の決算発表時に漏らしたネタで、アマゾン自身はノーコメント、その後ジェネラル・グロース社はアマゾンの計画を代弁したものではないと、短い火消しコメントをリリースしています。

ジェネラル・グロース社CEOのコメントの文意は、モールには人が来ている、Eコマースの時代でもラストワンマイルとしてのリアル店舗は重要だ、アマゾンも300~400店舗を計画しているし、他のネット販売企業もリアル店舗を開店している、というもので、リアルの重要性を説く中で"あのアマゾンも"と引き合いに出したというのが本当のところです。
うっかり漏らしてしまったのではないでしょうかね。

実験する以上最終目標として数百店舗という数値を初期に立てるのは当たり前と言えば当たり前です。
またはひょっとしたら実験が順調に推移しているので具体的な目標を立てたのかもしれません。

アマゾンが計画を立てる中でショッピングデベロッパーとそういった情報を共有していたのでしょう。

いずれにしてもアマゾン自体はノーコメントなので、リアル店舗をどうするのかは依然藪の中であります。

鈴木敏仁 (02:02)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]