2018年12月21日
返品ピークは12月19日、クリスマス前でははじめて

12月19日の返品パッケージ総数が150万個となって、はじめてクリスマス前に返品のピークを打ちました。
UPSによる推定数値です。

通常は1月初旬、UPSは1月3日と言ってます。
予測総数は130万パッケージ。

返品は必ず一定比率発生しますから、分母が増えれば分子も増えます。
ただ競争上、返品無料、返品しやすい環境を作ってしまう(例えば返品用のパッケージやラベルを同梱する)、ワービーパーカーのように返品を前提として売る手法を取る、というようなEC企業が増えてますから、分子のみが増える要素は一杯あります。

その上で、歳末商戦がブラックフライデー以前から始まっていることが、返品ピークが前倒しされはじめた理由でしょう。

EC市場の成長で、フォワード宅配物流に大きな負荷がかかってますが、リバース宅配物流もどんどん負荷が高まっています。

鈴木敏仁 (01:59)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]