2019年4月24日
アマゾンがガレージ宅配を開始

アマゾンがまた新しい宅配手法を編み出しました。
ガレージのドアを開けて商品を置いていくガレージ宅配、名称は"Key for Garage"です。
一部のプライム会員からスタートしていくそうです。

前提としてガレージのドアオープナーに、スマホで開け閉めが可能となるチェンバレン社製のデバイスが取り付けられていることが必要となっています。
リモートコントロールをWi-FiとBluetooth対応とすることで、宅配人が開け閉め可能となるわけです。

家のドアの内側に宅配するアマゾンキーと、車のトランクに宅配するアマゾンキー・インカーがなかなか普及しないなか、これはけっこう可能性があるんじゃないでしょうか。
ガレージ内に高価なものを置く人は少ないでしょうし、ドアにカギをかけておけば家の中に入られることもありません。

ラストワインマイルの障害を減らす取り組みで、アマゾンはどんどん先を走ってしまっていて、後を走る企業は遠くの背中しか見えないという状況が続いています。

鈴木敏仁 (10:55)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]