2020年2月24日
ギャップがEC中古ファッションのスレッドアップと提携

ギャップが中古ファッションのスレッドアップと提携しました。
お客が中古の服をギャップに持ち込むと、ギャップやバナナリパブリックといったグループ企業で使えるポイントがもらえます。
今は店舗でそれを使うとさらに15%の割引がつく販促も実施している模様。

スレッドアップはメイシーズやJCペニーとも提携してますが、ギャップは店舗数が多いので影響力ははるかに大きそうですね。

中古ファッションはアメリカでブームで、その理由の多くは若年層のエコ意識にあります。
ギャップはこれで再び若年層にアピールすることを狙っているのでしょう。

H&Mがリサイクルボックスを店内に設置し始めていますが、ギャップは別のやり方でアプローチをはじめたというわけです。

鈴木敏仁 (01:55)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]