2011年4月26日
ショッピングセンターも携帯アプリを開発する時代に

ショッピングセンターデベロッパーが携帯端末用のアプリを開発し始めているという記事を今日のWSJ誌が掲載していました。

アメリカのショッピングモールは長い年月をかけて少しずつ集客力が落ち、滞留時間が短くなってきています。
これにネットが拍車をかけていると言われている。
モールで売っているような商品はいわゆる買い回り商品ですから、ネット販売向きのカテゴリーが多いんですね。
またゆっくり買い物をしている時間がないからネット販売を使うわけですが、アメリカは働く女性が多いですからモールよりネットを選ぶ人が少なくないというわけです。

この傾向に歯止めをかけるために、最大手のサイモンやウェストフィールドがアプリを開発しているという記事なのですが、ネットに対抗するためにモールがアプリを作る、という論旨がおもしろい。


ショップキックという既存のアプリに参加するだけではなく、オリジナルも作っている。このオリジナルはいまのところ、車をどこに止めたとか、モール内店舗のプロモーションを表示したりとか、映画館の上映時間を知らせたりといったレベルの機能のようです。

しかし今後は例えばグルーポンのような機能へと進化させたいということをサイモンのCEOが言っている。これを"モールオン"と呼び、開発企業を買収するかまたは自らの手で開発するそう。


デベロッパーが自らこういうことに取り組む時代になってきたということに興味を引かれたのでした。

鈴木敏仁 (03:02)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]