ウォルマート2017の最近のブログ記事

2017年3月22日
[ウォルマート] 独自のテクノロジー・インキュベーターを立ち上げ

ウォルマートが独自のテクノロジー・インキュベーターをシリコンバレーで設立するようです。
名称は'Store No.8'、対象は流通業界に関わるテクノロジーを開発しているスタートアップ。

ターゲットがテックスターズと組んでアクセラレータ・プログラムを昨年実施しましたが、インキュベーターをオリジナルで始めるのはウォルマートが最初でしょう。
(インキュベーターとアクセラレータは厳密には違うようですが、スタートアップを支援するという意味では一緒)

こういうテクノロジー系のイノベーションの芽を育てるという意識は、日本の小売業界にゼロじゃないでしょうか。
大切な取り組みだと思うんですけどね。

鈴木敏仁 (05:10)


Bookmark and Share
2017年3月17日
[ウォルマート] ネット通販のモドクロスを買収、今年に入って3社目

ウォルマートがネット通販企業を買収するようです。
モドクロス(ModCloth)はミレニアルズを対象としたビンテージ衣料の専門店。
ようです、と書いているのは、ウォルマートもモドクロスもノーコメントで公言されていないからです。
そのため買収金額なども不明です。

今年に入り、シューバイ(ShoeBuy、靴)、ムースジョー(Moosejaw、アウトドア)と続き、今回すでに3社目の買収ですが、目的はすべてミレニアルズです。
自分で彼らを狙ったところで相手にされませんから。

"クールではないウォルマート"が買収することでお客が逃げてしまうことが懸念されるのですが、できる限り表面は出ないようにするようですね。
その上で、後ろ側でシナジーを考える。

Eコマースに限らずテクノロジー系のビジネスは買収がカギを握ります。
アマゾンも数え切れないほどの買収をしてきて、今も続けています。

ウォルマートはシステム系の買収はしてきましたが、リテールそのものの買収は少なかったですね。
今年から買収が増えているのはおそらくジェットのマーク・ロリーの意図で、EC系の人の思考通りに動いているという感じがしています。

ちなみにムースジョー、突然ウォルマートから電話がかかってきてオファーがあって、それが無視できないほどの金額だったので、受け入れた、という話を聞いています。
つまり例えば良くあるような、投資企業や銀行を介してとか、そういう関係の中から生まれた買収ではないんですね。
待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢です。
ロリーのビジネススタイルを垣間見ることができるのではないでしょうか。

鈴木敏仁 (10:51)


Bookmark and Share
2017年2月27日
[ウォルマート] アカデミー賞授賞式のコマーシャル

昨日アカデミー賞の授賞式が開催されました。
ウォルマートがこれをはじめてスポンサーしたのですが、コマーシャルの作り方が面白いので取り上げます。

テーマは、Behind every receipt, there's a great story、"すべてのレシートには素敵なストーリーがある"、レシートに載っている6つアイテムを必ず使って60秒間のショートフィルムを作ることが条件で、それ以外については自由、著名な監督3人に作成を依頼しました。

以下に3つの作品を参考までに貼り付けましたが、これが昨日の夜に流れたわけです。
ついでで舞台裏のショートフィルムも載せておきました。

制約なしという点が面白いですね。
ウォルマートとしてはキャッチフレーズの、Save Life Live Better、のLive Betterを強調しようとしたようです。
つまり価格サイドではなくて品質サイド、またはイメージ作りを主眼に置いた。
注文付けるとどうしても価格サイドになってしまうから、口出しをやめた方が面白いのができると思ったんでしょう。

それとアカデミー賞のコマーシャルですから、ある程度の品質と面白さがないと本体に負けてしましますからね。

ウォルマートの意図通りに、ウォルマートらしくないCMに仕上がっているんじゃないでしょうか。

アカデミー賞のイメージとウォルマートは合わないという批判もあるようですが、ふだんウォルマートで買っていない人にもメッセージが届いたとしておおむね好意的な反応が多いようです。

たぶん相当な費用がかかっていると思うのですが、企業規模が巨大ですからこのぐらいは許容範囲なのでしょう。

The Gift' a film by Antoine Fuqua

"Bananas Town" by Seth Rogen and Evan Goldberg

Lost & Found' a film by Marc Forster

Go behind the scenes as 4 award-winning directors create films based on a single Walmart receipt

鈴木敏仁 (01:10)


Bookmark and Share
2017年2月24日
[ウォルマート] 昨年度の売上高は4,858億7,300万ドル

ウォルマートの決算をごく簡単にまとめておきます。

[連結]
売上高: $485,873(0.8%増)
最終利益高:$13,634(7.2%減)

もう少し時間がかかりそうですが、5,000億ドル到達が少しずつ近づいてきました。
ちなみに1ドル110円換算で53兆4460億円。

[米国ウォルマート]
売上高:$307,833(+3.2%)
営業利益高:$17,754(-7.0%)
既存店成長率:1.4%増

(単位:100万ドル)

営業利益が落ちているのは従業員への投資(給与、福利厚生、教育等々)を増やしたからで、これは既定路線です。

アメリカの食品はこの一年強デフレを起こしていまして、放っておくと既存店はマイナスとなります。
さらにウォルマートはEDLPに回帰して販促を減らし、売価を下げるということをやってます。
これで結果が出るのだろうかと思っていたのですが、 最終的に既存店はプラスでした。

何かとくに変わったことをしているわけではなく、従業員の待遇改善といういわば基本に立ち返って、これを売上増につなげた、と。
ウォルマートについてはネガティブなことを言う人もいますが、やっぱりこの企業はいまだに強いなと言うのが私の評価です。

鈴木敏仁 (01:57)


Bookmark and Share
2017年2月22日
[アマゾン] 送料無料の最低注文金額を値下げ

ウォルマートが決算を発表しましたが、これは次として、面白いニュースを先に。
アマゾンが送料無料となる最低注文金額を49ドルから35ドルに値下げしました。

実は15日にアマゾンで買い物をしたのですが、そのときに、「あれ、変わってるんじゃないか?」と思ったのですが、あまり考えずに買い物を済ませてしまいました。
これをメディアが報じはじめたのがおとといで、ああなるほどな、と。

アマゾンはまったくアナウンスしておらず、いつから下げたのかも分かっていないようなのですが、少なくとも先週の水曜日には下げていたことになります。

ウォルマートが先月末に無料2日配送の最低注文額を35ドルとしており、アマゾンの今回の値下げはあきらかにこれに対抗したものです。

送料バトルとでも言いましょうか。
ウォルマートとアマゾンの激しいつばぜり合いなのですが、送料はこういう価格競合の対象になるのだという好例かと思います。

鈴木敏仁 (04:23)


Bookmark and Share
2017年2月17日
バークシャー・ハザウェイがウォルマート株を売却

ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハザウェイが所有していたウォルマート株の大半を売却したそうです。
2005年に投資を開始し2009年がピークで、売却をはじめたのが昨年からのようです。
理由は当然株価が上がらないことにあります。

ウォルマートには"もう少し早くに投資しておけば良かった"ということを言っいたらしい。
つまり機会を逃したと。

また、"旧来のブリック&モルタルリテーラーはEコマース大手との競合に苦戦している"というコメントがあって、今回の売却は、"リテールのメインプレーヤーが入れ替わったことを示唆している"、"終わりの始まりだ"、などとメディアが書いています。

一方、バフェットの投資スタンスは自分が分からない領域には手を出さない、なのでIT系にはほとんど投資してこなかったのですが、アップルの株を積み増しはじめたのだそうです。

バフェットの動向はいまの小売業界を象徴しているんじゃないでしょうか。

鈴木敏仁 (02:26)


Bookmark and Share
2017年2月 1日
[ウォルマート] ネット販売、総額35ドルから送料無料へ

ウォルマートが送料ポリシーを変更しました。
送料無料となる買い物総額をトータル50ドルから35ドルへ引き下げ、200万アイテムについては2日間配送も無料としました。

同社はシッピングパスという名称で、年間49ドルで2日間配送を無料とする会費制の実験をおよそ2年間にわたって実施してきたのですが、これをやめた上での新機軸です。

アマゾンのプライムが99ドル。
含まれるサービスが違うので単純比較できませんが、会費なしのミニマム35ドルはなかなか魅力的かもしれません。

アマゾンにとっての送料はシェア拡大のための先行投資で、上場以来(たぶん創業以来)赤字です。
そして消費者が買うときの判断材料として送料のプライオリティは高い。

そう考えると、後を追うウォルマートとしてはこのぐらいざっくりと下げてしまう必要は確かにあるわけです。
もう少し下げてもいいぐらい。
新たに責任者となったローリーがやっと目立つ手を打ってきましたね。

鈴木敏仁 (01:52)


Bookmark and Share
2017年1月23日
[ウォルマート] 本社人員1,000人を解雇

ウォルマートが今月末に本社人員の1,000人を解雇します。
組織編成の見直し、つまりリストラクチャリングの一環ですね。
対象となっているのはサプライチェーン、人事、Eコマースなど。

同社は年内に1万人を雇用する予定であることを発表し、トランプが感謝のツィートをして注目されました。
これがけっこうメディアに取り上げられたのですが、実はもともと予定していた雇用計画で、トランプにプッシュされたから増やしたと言うわけではありません。
アマゾンも今後1年半で10万人を雇用すると発表していますが、これもたぶんもともと予定していたものを宣伝効果が高そうだからあえていまの時期に出したものだろうと思っています。

そしてウォルマートはちゃんと解雇もする。
ただしこの解雇については当然のことながら表だってリリースしているわけではなく、メディアが情報を得て書いているものです。

本社の人員整理は恒例のことでして、思い出すのも難しいほど昔からウォルマートは定期的にやっています。
本社人員の総数、最後の解雇の時から今までどのぐらい増えたのか(つまりネットの増減)、このあたりが分からないので1,000人が多いのか少ないのかは分かりません。

ただ組織というものは放っておくと自然に増えていくもので、これを定期的にスリム化するのは正しい。
店舗に対して襟元をただすという、そういうポーズになることも動機の背景にあると思っています。

鈴木敏仁 (12:49)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]