2019年8月17日
グローバル流通最新トレンド 東京セミナー

東京セミナーのご案内です。

日時:2019年8月28日13:15開始(17:30終了予定)
会場:AP東京八重洲通り 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル
講演者: 鈴木敏仁
    矢矧晴彦 PwCコンサルティング合同会社 消費財・小売流通インダストリー パートナー
受講料:1名様19,000円(税込)
定員:40名
申込締切日 2019年8月28日
主催:株式会社R2リンク

詳細とお申し込みはこちらへ。
グローバル流通最新トレンド 2019セミナー@東京

鈴木敏仁 (10:36)


Bookmark and Share
2019年8月16日
自動運転トラックをUPSが実験中

UPSが自動運転のトラックを5月からアリゾナで実験していることをメディアが報じました。
秘密裏というか、メディアにリリースしてこなかったので、周囲は誰も知らなかった、というような見出しとなっています。

運営しているのはTuSimpleというスタートアップで、UPSは傘下の投資ファンドを通して資本も投じている模様。
現在はレベル3とのことなのでドライバーとエンジニアが同乗している段階です。

UPSもやってるんだなということがこれで判明しました。

鈴木敏仁 (04:09)


Bookmark and Share
2019年8月14日
決済論議ですっぽり抜けていること


鈴木敏仁 (10:17)


Bookmark and Share
2019年8月13日
グローバル流通最新トレンド 東京セミナー

東京セミナーのご案内です。

日時:2019年8月28日13:15開始(17:30終了予定)
会場:AP東京八重洲通り 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル
講演者: 鈴木敏仁
    矢矧晴彦 PwCコンサルティング合同会社 消費財・小売流通インダストリー パートナー
受講料:1名様19,000円(税込)
定員:40名
申込締切日 2019年8月28日
主催:株式会社R2リンク

詳細とお申し込みはこちらへ。
グローバル流通最新トレンド 2019セミナー@東京

鈴木敏仁 (12:41)


Bookmark and Share
2019年8月12日
ナイキが子供靴のサブスクリプションを開始

ナイキが子供向けスニーカーのサブスクリプションをはじめました。
サイズは4Cから7Y(2才~10才)、年間に4足で20ドル/月、6足で30ドル/月、12足で50ドル/月、年に二回返品用のボックスが届いてそこに履けなくなった靴を入れて返す、というシステムとなっています。

子供の足はどんどん大きくなるので、履けなくなるスピードが速く、履き替えニーズは非常に高い。
これを定額制にするというのは、ありだろうなと思います。
良いところに目を付けたのではないでしょうか。

鈴木敏仁 (12:13)


Bookmark and Share
2019年8月 9日
HEB、テクノロジー部門専用のオフィスビルを建設

HEBがサンアントニオの本社のそばに15万スクェアフィート(およそ4,200坪)のテクノロジー専用の5階建てオフィスビルを建設すると発表しました。
来年の夏までに着工し、2022年の夏までに竣工予定。
自社社員だけではなくて、外部のベンダー1,000人も収容予定としています。

このようにデジタル系専用のオフィスビルを作る小売企業が増えています。

自前の比率が高いこと、人員を増やさないと追いつかないこと、が背景にあるのですが、おそらくデジタル系人員を呼び込むためには通り一遍のオフィスデザインでは魅力がないからでしょうね。
ウォルマートはオースチンのダウンタウンに専用オフィスを持っていますが、ウェアハウスを改装した小売企業のオフィスとは思えないアーチスティックなデザインです。

テクノロジー系部門が日本のように組織の中の傍流ではなく、アメリカでは主流になりつつある、ということの象徴だと思っています。

鈴木敏仁 (04:12)


Bookmark and Share
2019年8月 7日
ウォルグリーンが200店舗をスクラップ

ウォルグリーンが米国内の200店舗を閉鎖する予定であることが報じられています。
イギリス国内ではブーツ店舗を200店舗閉鎖すると6月に発表したばかりなので、グローバルレベルで縮小モードに入ったことになります。

前者は全体の3%、後者は全体の8%にあたるそうで、三桁規模のスクラップだと少々面食らうかもしれませんが、分母が大きいので分子も大きくなる、ということではあります。

しかしながら、これで済むのかなというのが私の印象です。
CVSもそうなのですが、店舗への投資がここ数年減っているようで店頭が陳腐化し始めていて、これが業績にも反映されつつあって、まだ先があるんじゃないかなと思えるわけです。

ウォルグリーンの経営陣がブーツに入れ替わって久しいですが、印象としてあまりうまくいっていないように感じます。
目的来店性が極めて強い調剤があるのでアメリカのドラッグストアはそうそう簡単には傾かないのですが、長い下り坂に入ってしまったような印象を持っています。

鈴木敏仁 (12:55)


Bookmark and Share
2019年8月 5日
CVSヘルス、定額制プログラムを全米展開へ

CVSヘルスが昨年から一部の都市で実験してきた定額制プログラムを全米展開すると発表しました。
月額5ドルまたは年間48ドルで、調剤を含めて宅配料無料、PBはすべて20%オフ、毎月10ドル分のクーポン、がプログラムの内容です。
名称はケアパス(CarePass)。

発表資料によると、会員の20%がミレニアルズ世代で、それが重要なんだということを言ってますね。

アルバートソンズも同じようなプログラムを実験中。

こういう定額制が広がっていくと、我々消費者はどこの会員になるかで悩むことになりそうですね。

鈴木敏仁 (12:45)


Bookmark and Share
2019年8月 2日
グローバル流通最新トレンド 東京セミナー

東京セミナーのご案内です。
ぜひご参加下さい!!

日時:2019年8月28日13:15開始(17:30終了予定)
会場:AP東京八重洲通り 東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル
講演者: 鈴木敏仁
    矢矧晴彦 PwCコンサルティング合同会社 消費財・小売流通インダストリー パートナー
受講料:1名様19,000円(税込)
定員:40名
申込締切日 2019年8月28日
主催:株式会社R2リンク

詳細とお申し込みはこちらへ。
グローバル流通最新トレンド 2019セミナー@東京

鈴木敏仁 (05:03)


Bookmark and Share
2019年8月 1日
アマゾン、商品パッケージのエコ化をサプライヤーに要請

アマゾンが商品の、箱を小さくする、リサイクル可能にする、といったパッケージのエコ標準をサプライヤーに課しました。
8月1日に発効、資料によると罰則もある模様。

その昔、ウォルマートが同様のことをやっているのですが、そのときはトラック積載率といったサプライチェーン上の物流効率も項目に入っていました。
それと、バイヤーの仕入れ判断に影響するという程度で、罰則はありませんでした。

アマゾンが罰則まで設けているのは、フルフィルメントに直接的に影響を及ぼすからかもしれません。
宅配コストが上がってますから、個々のパッケージを小さくすることは死活問題です。
地球環境のためというよりも、アマゾン自身の収益性のため、ということでしょうね。

鈴木敏仁 (10:34)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]