2021年1月18日
ウォルマートのEC事業責任者、マーク・ロリーが退任

ウォルマートのEC事業の責任者、マーク・ロリーが退任することが発表されました。
期日は今月末で、9月までコンサルタントとして残って引き継ぎを行うとのことです。
もともと5年で退任する契約だったようで、予定通りではあります。

後任は昨年9月に入社したケイシー・カールという人で、米国事業のCEOジョン・ファーナーが上司になるようです。
ロリーの上司は本体CEOのマクミロンだったので、ECは組織的には一つ下がって米国ウォルマートの下にぶら下がることになるわけですね。

ロリーについては次々に買収したDtoC企業が黒字化できず売却したり、ロリー自身の会社だったジェットが消滅したりと、マイナス面を強調するメディアも存在しますが、彼がECを率いてからウォルマートのデジタルは急速に伸びましたし、人物に対する業界の評価も変わらず高く、成功してやめると理解して間違いないでしょう。

ロリー時代がこれで終わり、これからは後任がどう舵を取っていけるかに焦点が移ることになりました。

鈴木敏仁 (04:30)


Bookmark and Share
2021年1月 9日
アマゾン、空輸用に767ジェットを11機購入

アマゾンが空輸用に中古ジェット機を11機購入することが分かりました。ウェストジェット・エアラインから4機、デルタエアラインから7機、すべて767です。
旅客機を貨物用に改装して使うとのこと。

現在は737と767をリースで使用していて、2022年までに85機になるそうで、これがこれから7年から8年で200機になるんじゃないかという予想があります。
そうするとUPSの275機に肉薄していくだろうと。

ラストマイルは自前宅配網を構築して宅配企業へのアウトソースと自前の2つを使い分けているのが現状ですが、ミドルマイルとしての空輸はリースと自前を使い分ける戦略へと舵を切ったということになります。

鈴木敏仁 (08:46)


Bookmark and Share
2021年1月 4日
アマゾン、合弁事業のヘブンを解散へ

アマゾン、バークシャー・ハザウェイ、JPモルガンが3年前に鳴り物入りで開始したヘルスケア合弁事業のヘブンが、来月いっぱいで解散されると報道じられました。

アメリカの医療費は世界的にみて非常に高く、これを改善するために大手三社が合同で取り組むことを目的として立ち上げられた事業ですが、目立った成果が出せなかったようですね。
合弁事業の複数の上級幹部が昨年までにやめており、解散は不可避と見られていてサプライズではありません。

なぜ成果が出せなかったのかについて原因は今のところはっきり分かりませんが、ヘルスケア分野の革新はハードルが異常に高いのでしょうね。

コロナに対する対応をおよそ一年間にわたって見てきましたが、縦割り組織の弊害、既得権益、利権、政治といった改善を阻む存在がひしめいていることが素人でも分かり、ヘルスケアや公衆衛生といった分野に対して暗澹とした気分に陥っています。
アマゾン、バークシャー、JPモルガンをしても突破できないほど壁が頑丈だということなのでしょう。

鈴木敏仁 (02:09)


Bookmark and Share
2020年12月23日
ウォルマート、FedExと提携して返品の宅配集荷を開始

ウォルマートがFedExと提携して新たな返品プログラムを導入しました。

あらかじめネットで日時を予約、シッピング用のラベルをプリントアウトして箱に貼って置いておくと、FedExがピックアップしてくれるというプログラムです。
プリンターを持っていない人は近所のFedExのオフィスへ持っていけば処理してくれということなので、返品ハブとしてFedExオフィスが加わったということになりますね。

返品は一定の比率で発生し、カテゴリーによって平均値が異なりますがおおよそ分かっているものです。今年はEC売上高が爆増しているので、ECによる返品ボリュームが急増することが予測されています。
ウォルマートはリアル店舗を持っているのでアマゾンに比べると消費者にとっては返品は容易ということができるのですが、ウォルマートはさらにストレスを減らそうというわけです。

ちなみにこのコストを、ウォルマートとFedExのどちらがどういう比率で負担するのかは不明です。
日本と異なりアメリカの宅配は集荷をしないのでバックホールが空になるという非効率があり、ひょっとするとこれをきっかけとして日本的な宅配集荷という商習慣がアメリカでもはじまるのかもしれませんね。

鈴木敏仁 (01:30)


Bookmark and Share
2020年12月17日
ウェビナーのご案内

今月のウェビナーのご案内です。
当初最低でも6回やると決めた目標の5回目となります。

【グローバル流通最新トレンド】 ウェブキャスト:ライブアップデート #5

今回もたくさんのご参加をお待ち申し上げます!

鈴木敏仁 (02:06)


Bookmark and Share
2020年12月14日
FedExがショップランナーを買収

宅配のFedExが定額制宅配のプラットフォームを小売企業に提供しているショップランナーを買収しました。

ショップランナーの年間会員費は79ドルで、2日間配送や返品の宅配料無料を提供している企業です。
契約しているEC企業は100社、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズやサックスなど有名企業が含まれています。

旧来の宅配モデルは当然のことながらライトマイルオンリーだったわけですが、アマゾンがフルフィルメント全体の中に自前のラストマイルを組み込んで包括的なビジネスモデルとし、宅配企業と徐々に競合しはじめています。
これに対抗するために宅配企業がフルフィルメントサイドへと進出しはじめたということになります。

アマゾンはどうやらショッピファイ的なプラットフォームを開発して売り出すことを検討しているのではないかという噂が報じられています。
ショッピファイはUPSやFedExをプログラムに組み込むことが可能なのですが、アマゾンが開発するのかもしれないそのショッピファイ的プラットフォームにアマゾン自身の自前宅配を組み込むことも可能ですね。

アマゾンが宅配業界を大きく変えつつあります。

鈴木敏仁 (04:49)


Bookmark and Share
2020年12月 9日
ダラーゼネラル、来年度も4桁出店

ダラーゼネラルが来年度の店舗計画を発表しました。
新規出店数は1,050店舗、リモデルは1,750店舗、リロケーションは100店舗。
一日当たり2.9店舗の出店ペースと言うことになりますね。

一見すると驚異的な店舗増ですが、現在の店舗数が16,720店舗なので増加率は6%程度と、母数からすると妥当な数値です。

ご多分に漏れずダラーゼネラルも大幅な増収増益を続けていて、この企業の旺盛な出店攻勢はしばらく止まることはないでしょう。

鈴木敏仁 (02:29)


Bookmark and Share
2020年12月 7日
ウェビナーのご案内

今月のウェビナーのご案内です。
当初最低でも6回やると決めた目標の5回目となります。

【グローバル流通最新トレンド】 ウェブキャスト:ライブアップデート #5

今回もたくさんのご参加をお待ち申し上げます!

鈴木敏仁 (02:43)


Bookmark and Share
2020年12月 2日
ウォルマート、ウォルマート+に設定していた送料無料のミニマムオーダーを廃止

ウォルマートが導入した会員制のウォルマート+は一年を通して配送料無料がうたい文句でしたが、最低35ドルの買い物が条件となっていて、アマゾンプライムとの差別化になっていませんでした。
このミニマムオーダーを撤廃しました。

ただしフルフィルメントセンター発の商品のみで、店舗発となる生鮮やグローサリーには35ドルのミニマムを依然課しています。
アマゾンもアマゾンフレッシュは同じく35ドルの閾値を設定しているので、これで横並びとなったわけです。

ビデオやムービーといった特典がウォルマートにはまだないのですが、おそらくこれから徐々に加えられていくことでしょう。

ちなみに35ドルはもともとアマゾンが設定した数字なのですが、業界標準となってしまいました。
アマゾンがルールを決める、の典型事例ですね。

鈴木敏仁 (05:29)


Bookmark and Share
2020年11月30日
上場予定のドアダッシュ、時価総額は270億ドル

12月中の上場を計画しているドアダッシュの公募価格が75~85ドルを予定していることが報じられました。
想定している資金調達額は28億1,000万ドル、上場後の時価総額は270億ドル程度になるだろうと記されています。

270億ドルは105円換算で2兆8,000億円、日本の小売業界だとイオン並みということになります。
アメリカのオンデマンド型短時間宅配業界は金融業界からそのレベルで評価されているということは知っておいて欲しいところ。

日本の市場は小さいのでイメージしづらいですが、短時間宅配は小売外食業界のインフラとなりつつあり、それが企業評価額につながっていると考えています。

鈴木敏仁 (03:40)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]