2020年3月28日
チーズケーキファクトリー、時給ワーカー4万1,000人に休暇を通達

外食大手のチーズケーキファクトリーが時給ワーカー4万1,000人を休暇とし、幹部の給与を20%カットしました。
その上で4月の家賃を払わないことを明らかにしました。

mayではなくてwillなので、払わないかもしれない、ではなくて、払わない。
これはなかなか強いですね。
このあたりはけっきょく力関係です。

家主側は法的手段に出ることもあるでしょうが、チーズケーキファクトリーはその場合は法廷で決めましょうというスタンスだと思います。

ウォルマートは店内テナントに対してすでに家賃を免除しています。
ショッピングセンターも免除するPM企業が出てきています。

家主側は、ここで家賃を要求してテナントを潰すか、または猶予して生き残ってもらうか、という大変なところに来ているようです。

鈴木敏仁 (10:42)


Bookmark and Share
2020年3月27日
アマゾン、フェアウェイの2店舗を買収

アマゾンがニュージャージーのフェアウェイ2店舗を買収することが分かりました。
総額は150万ドル、リースと引き継ぐとだけ記されているので、在庫も含めた店舗そのものではなくて場所だけのようです。

フェアウェイの残りの14店舗も売却されて営業は継続されるようですが、店舗名が残るのかどうかはリリースには書かれていません。

アマゾンが買った店舗で何をするのかはまったく不明なのですが、考えられる選択肢は3つあります。
1つめはロサンゼルスで出店を予定しているような普通のスーパーマーケットとする。ただし店舗発の宅配を前提とするので店内レイアウトはおそらく少し違ったものになるだろうと想定できます。
2つめはアマゴンゴーグローサリーとする。シアトルにオープンしているのでこれは増やすわけですね。
3つめはネット通販専用のマイクロフルフィルメントセンター、またはダークストアとする。

可能性としては上から順番に高いのではないかと思います。
何をやるのか楽しみですね。

鈴木敏仁 (01:19)


Bookmark and Share
2020年3月24日
非日常となってしまったアメリカの小売の世界

アメリカの小売業界は非日常の世界となってしまい、何を書くか思案してきました。
棚が空っぽ、などというニュースネタは他でも書いている人がいて、まったく面白くなくて、ここであえて書くようなことでもないかなと。
ただ放置するのもなんなので、興趣をそそる話をボチボチ書いていこうかなと思います。

先週ヒューストンの店舗を見て回る機会があったのですが、紙製品はやはりどの店舗も店頭欠品を起こしていました。
私が住んでいるロサンゼルスでも品薄状態なのですが、全米規模で発生しているということを自分の目で確認することができました。
日本でもトイレットペーパーが真っ先になくなりましたが、アメリカでも一緒ですね。

紙製品は商品形状が大きい。そのため店頭在庫量に限界があります。
例えば100人が来店したとして、リンゴなら100個並べられますが、トイレットペーパーの1パック100個をリンゴと同じスペースに並べることは不可能です。
なので、100人がみんな買いたいと思ったときに、それをすぐに満たすことができない。
物流もセンターも同じなので、すぐに100個を運ぶことはできない。
なのでこういう環境だとすぐに空っぽになり、お客はあせってもっと買いたくなる。
そんな悪循環が生まれやすい商材なのですね。

ホテルやオフィスといった法人需要が減っているので、それを一般消費需要へと振り向ければ済むわけで、サプライサイドが供給不能に陥ると言うことは考えづらいし、家庭内在庫が膨れて需要が一段落すると、逆にあまってくる可能性もあるかなと。
でも消費者はそういうことは考えませんからね。

今まで見たこともない状況が発生していて、各社どう対応するのかなと、興味深く観察しているところです。

鈴木敏仁 (02:14)


Bookmark and Share
2020年3月13日
ニーマンマーカスがオフプライス事業から撤退

高級デパートのニーマンマーカスが、別事業として手がけていたラストコールを閉鎖してオフプライス業態から撤退すると発表しました。
ただし過剰在庫の処理のために数店舗だけ残す模様。
ちなみにラストコールの店舗数は22店舗です。

理由は高価格帯のラグジュアリー市場に集中するためと説明しています。

デパートメントストアの手によるオフプライスとしては、ノードストロムのノードストロムラックが有名ですね。
その成功を横目で見ながら、つい最近柳の下を狙って参入したのがメイシーズです。
TJマックスも絶好調で、オフプライスという業態そのものは絶好調と言って良い。

ニーマンマーカスには低価格帯業態を運営するノウハウがなかったということでしょう。
赤字と負債にあえいでいて、その打開策としての別業態なのですが、本業がだめな企業に多角化は難しいということかなと思います。

鈴木敏仁 (01:23)


Bookmark and Share
2020年3月11日
JWOで新たなアマゾン経済圏の構築へ

鈴木敏仁 (11:59)


Bookmark and Share
2020年3月10日
本社周辺のスモールビジネスを支援するために500万ドルのファンドを用意するアマゾン

新型コロナで本社への出社を禁じリモートワークへと切り替える企業が増えています。
その結果、周辺の中小ビジネスが大きな打撃を受けています。
私は先週東京に出張してきたのですが、打ち合わせがキャンセルとなったりして、個人事業主としての私にすら影響が出ています。

アマゾンも本社社員に対して在宅勤務を指示した企業なのですが、周辺ビジネスへの影響を憂慮して、500万ドルの基金を設立すると発表しました。
対象は、社員は50人以下または年商700万ドル以下で、店を持って路面で歩行者に依存するビジネスで、本社から数ブロック以内、となっています。

これは素晴らしい。

日本でもたくさんの大手企業が在宅勤務としていますが、本社周辺のスモールビジネスを救済するという動きは寡聞にして聞かない。
他者の痛みに対するイマジネーションの欠落かなと。

アマゾン担当者のコメントを抄訳して載せておきます。
泣けますよ。

「我々の本社ビル周辺の数百というレストラン、フードトラック、コーヒーショップ、小売、その他のスモールビジネスは、我々が愛してやまない近隣のエネルギーと雰囲気を与えてくれている・・・彼らは我々の友であり隣人で、COVID-19の拡大による経済的苦境に直面する彼らを助けることは大切なことだと信じている」

鈴木敏仁 (10:25)


Bookmark and Share
2020年2月28日
ヴァージニア州議会、自動宅配ロボットの車道走行を認可

バージニア州の州議会が自動宅配ロボットの車道走行を認可しました。
あとは州知事の署名待ち、署名されると7月から走らせることが可能になるそうです。

資料によると、原則として歩道走行、歩道がない場合は時速25マイルを上限として車道走行可、重量制限は500ポンド、となっています。

ヴァージニア州は全州に先立って、2017年に重量50ポンド以下のロボットの歩道走行を許可していて、今回は修正法案です。

この規制で俎上に上がっているのがアマゾンが実験しているスカウト。
バージニアに第2本社を作るということもあり、州が協力しているのかもしれません。

今月初頭には連邦当局(National Highway Traffic Safety Administration)がニューロ型の無人ロボットの走行を暫定的に認めています。
ニューロ型とはスカウトよりも大型で、バックミラーやウィンドシールドと言った装備なしでの走行を暫定的に認可、と説明されていました。

アメリカは新しい技術を受け入れるための規制緩和や修正のスピードが速いですね。
硬直化している日本と対照的です。

鈴木敏仁 (01:52)


Bookmark and Share
2020年2月26日
アマゾンゴーの拡大版がオープン

以前から噂されていたアマゾンゴーの拡大版がシアトルにオープンしました。

名称はアマゾンゴー・グローサリー、売場面積は7,700sqf(216坪)なので、日本のメディは"大型"と表現してますが、コンビニサイズのアマゾンゴーと比べると大きいということで、一般的には小型スーパーとなりますね。
アイテム数は5,000。

青果を揃えていて、重さ売りが多いアメリカで青果をどう扱っているんだろう疑問に思ったのですが、公開されている写真を見るに単品ごとに価格を固定しているようですね。リンゴを画像で認識したら、設定されている売価を1つ適用する、といった手順です。
とすると青果の大きさを上流で統一しなければならず、効率は悪そうですね。

インタビューでは、難しかったのはお客の購買行動がグローサリーと青果では違っていたこと、と責任者が語っています。
私のようなAIの素人は青果の微妙な違いをどう画像認識できるんだろうと考えがちですが、それよりも人の動きが難しかったと言っているわけです。

ちなみに店舗面積は10,400sqfで、売面を引いたバックルーム面積が25%占めています。
全体の4分の1をバックルームにするのは、おそらくエッジコンピューティング用のマシンを置く場所のためだろうというのが私の見立てです。
ただの推測なので間違っていたらゴメンナサイ。

鈴木敏仁 (02:15)


Bookmark and Share
2020年2月24日
ギャップがEC中古ファッションのスレッドアップと提携

ギャップが中古ファッションのスレッドアップと提携しました。
お客が中古の服をギャップに持ち込むと、ギャップやバナナリパブリックといったグループ企業で使えるポイントがもらえます。
今は店舗でそれを使うとさらに15%の割引がつく販促も実施している模様。

スレッドアップはメイシーズやJCペニーとも提携してますが、ギャップは店舗数が多いので影響力ははるかに大きそうですね。

中古ファッションはアメリカでブームで、その理由の多くは若年層のエコ意識にあります。
ギャップはこれで再び若年層にアピールすることを狙っているのでしょう。

H&Mがリサイクルボックスを店内に設置し始めていますが、ギャップは別のやり方でアプローチをはじめたというわけです。

鈴木敏仁 (01:55)


Bookmark and Share
2020年2月21日
レスリー・ウェクスナーがCEOを辞任

LブランズのウェクスナーがLブランズのCEOを辞任し、同時にビクトリアズ・シークレット株の55%を投資企業のシカモアに売却し連結から外すと発表されました。

ウェクスナー、やっと退任なのですが、Lブランズの取締役として残るようなので、院政を敷く可能性は残されてます。

彼はもう82才で、トレンドに大きく左右されるアパレル業界では少し厳しいですよね。
ビクトリアズ・シークレットが変化できずに世の中に取り残されてしまったのも、彼の感度が鈍ってしまったからだとしか言えないわけです。

でも創業者って会社は自分の大切な持ち物だという感覚があって、そうそう簡単に手放せないようなので、しょうがない一面もありますね。

ウェクスナーの凄さは、リミテッドで垂直統合型の製造小売をはじめて成功させたことと、それ以来次のブランドを作り成功させ続けてきたことにあります。
既存のブランドを変化させるよりも、違うブランドを開発する手法を取ってきた。
ブランドというものは簡単に変化させることのできる代物ではないですから、その手法は正しい。
ところがビクトリアズシークレットとバス&ボディワークス以来、次の成功例を作ることができなくなってしまった。

そして変化させなかったので既存のブランドがどんどん陳腐化していった。

例えば、ビクトリアズシークレットはセクシー路線で成功しましたね。
これを突然いま流行のナチュラル志向に変えることはできない。
だから取るべきだった手法の一つとして考えられるのは、新興デジタルブランドを買収して次の別ブランドとして育てることでした。
ウェクスナーはそういうことをやってきた人なんですよね。

結果としてリミテッドも含めて過去の自分の作品とも言えるブランドを売却せざるをえなくなり、Lブランズとして残ったのが2つで、そのうちの1つのビクトリアズシークレットも過半を売却し、最後に1つだけ残して引退というわけです。

小売業界で革新を起こしたイノベーターがまた一人消え、時代の移ろいというものを感じざるをえません。

鈴木敏仁 (03:09)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]