CPGメーカーの最近のブログ記事

2017年5月 1日
米スーパーマーケットの最新トレンド

本日のウォールストリートジャーナル紙がこういうタイトルの記事を載せています。
Big-Name Food Brands Lose Battle of the Grocery Aisle

有名ブランドがグローサリーストアの棚スペースのバトルに負けているという内容です。
生鮮や総菜といったフレッシュカテゴリーのスペースを拡大する企業が増えて、そのためグロサリーのスペースが減っているという内容で、つまり有名ブランドが負けているのはフレッシュ商品との競合という意味です。

これはアメリカのスーパーマーケットが店舗を改装するときのトレンドとなっているのですが、私がこのことにはっきりと気づいたのがシカゴのマリアノズを7年前に見てからで、WSJ紙もマリアノズを取材してインタビューを載せています。

メジャーな一般メディアがこれに気づいたということは、このトレンドもそろそろ本格的になってきたということを意味していますね。

自分が企画させていただいている研修ツアーではこの10年ぐらいシカゴにばかり行っています。
私が自分で企画した視察ツアーもシカゴです。
アメリカ小売業 シカゴ集中視察ツアー

昨年あたりからセミナーでの話もこのあたりが中心になっています。

はからずもWSJが私の意図を裏打ちしてくれました。

小さな萌芽を見つけて、大きくなると予測し、そしてそれが本当にそうなるは、私のような仕事をしている人間にとっては"冥利に尽きる"といったところです。

鈴木敏仁 (12:56)


Bookmark and Share
2017年3月13日
ボトルウォーターの消費量が炭酸飲料をはじめて上回る

ボトルウォーターの消費量が炭酸飲料をはじめて上回ったそうです。
ボトルウォーターの昨年一年間の総消費量が一人当たり39.3ガロンだったのに対して、炭酸飲料は38.5ガロンでした。
ただし売上ベースでは、炭酸飲料は395億ドルで、ボトルウォーターの213億ドルに大きく水をあけています。

この件について、ビジネスインサイダーが面白い記事を載せていました。
水道水でもボトルでも大きな違いはなく、またボトルの方はエコではないのだが、ボトルの方がヘルシーなイメージがあり支持されている。
これはすべてマーケティングのおかげだと。
マーケティングに長けた炭酸飲料メーカーがボトルウォーターを売ってますから。

まあ要するに、炭酸飲料メーカーは水でちゃんとヘッジしているわけですよね。
いろいろ考えてしまうニュースなのでした。

鈴木敏仁 (03:04)


Bookmark and Share
2016年8月 5日
[ターゲット] ハリーズ・レイザーズの販売開始

ハリーズは先週ポストしたダラーシェーブクラブの競合で、サブスクリプションモデルでひげ剃りの替え刃を売る会社です。
会員数は公称200万人以上、ダラーシェーブクラブが320万人なので後を追っている企業ですね。
詳しい経緯ははっきりしませんが、ダラーシェーブクラブのコピーなのかもしれません。

ターゲットが取り扱いはじめると言うことは、ネットで生まれたブランドが店頭に並ぶと言うことになります。
ダラーシェーブクラブをユニリーバが買収し、非常に高い確率でその商品がこれから店頭に並ぶだろうと私は予測していたのですが、その前に店に並べてしまおうということなのかもしれません。

タイミングが良すぎるので、以前から話が進んでいたのかもしれませんね。

成功するのかどうか。
いろいろ考えるに、本件は非常に興味深いケースだと思っています。

鈴木敏仁 (02:07)


Bookmark and Share
2016年7月25日
ユニリーバがダラーシェーブクラブを買収

ユニリーバがひげ剃りのサブスクリプションモデルで急成長中のダラーシェーブクラブを買収すると発表しました。
買収額は10億ドルですべてキャッシュだそうです。

このバイアウトはけっこうサプライズです。

ダラーシェイブクラブの創業は2012年、わずか4年で企業価値が10億ドルになったというわけですね。
ちなみに現在の会員数は320万人だそうです。

リーバにとっての10億ドルの価値は、ビジネスだけじゃなくて320万の会員データも含まれています。
P&Gが洗剤のサブスクリプションモデルをはじめますが、私の予測としてはたぶん難しい。
ダラーシェーブクラブがやったことは相当大きなことだと思ってます。

この買収は面白すぎて、うんちくが長くなりそうなので、メルマガで書くことにします。

鈴木敏仁 (10:44)


Bookmark and Share
2015年12月22日
[プロクター&ギャンブル] ダラーシェーブクラブを特許侵害で提訴

プロクター&ギャンプルがカミソリ(ジレット)の特許を侵害しているとしてダラーシェーブクラブを提訴しました。
過去の損害に対する賠償と、今後の販売の差し止めを求めています。

ダラーシェーブクラブの推定年商は1億4,000万ドル、創業が2011年7月なのでわずか4年で1億ドルを超えてしまっている急成長企業です。
創業者自身が登場する奇抜なCMで注目を浴びて伸びたのですが、それ以上にひげそり替え刃のサブスクリプションモデルという極めてユニークなビジネスモデルが急伸の要因だと思っています。

P&Gが提訴するということは、ダラーシェーブクラブ に対して危機感を持ち始めたということを意味してますよね。
ダラーシェーブクラブがどう対応するのか注目です。

鈴木敏仁 (01:59)


Bookmark and Share
2015年4月24日
[P&G] ビューティブランドの売却を検討か

リストラを進めているP&Gがビューティブランドの一部の売却、または上場してのスピンオフを検討しているとメディアが報じました。

P&Gのビューティブランドというと、カバーガール、SKⅡ、オレイ、パンテーン等々いろいろあるのですが、フレグランスやヘアケアの可能性があると指摘されています。
ウェラの売却プランはすでに公式にリリースされていますね。

P&GはCEOアラン・ラフリーの下、現在リストラが進められているのですが、彼ががやっていることはアイテム数の削減です。
選択と集中ですね。
私の記憶では、最初にCEOになったときもブランドをいったん減らしたんじゃなかったかな。

今回彼がやっていることが高く評価されているのは、一度自分で作り上げたブランドポートフォリオを自分で分解している点にあります。
足すのは簡単だけど、引くのは難しい。
これを両方できる経営者はほとんどいないというわけです。

私も本当にそう思います。

地味な人なので特に日本ではあまり知られていませんが、ラフリーは名経営者と評されて良い人だと思っています。

鈴木敏仁 (12:35)


Bookmark and Share
2015年3月18日
[クラフトフーズ] 異物混入で商品24万2,000個をリコール

食品メーカー大手のクラフトフーズが、マカロニ&チーズ24万2,000個に異物混入の可能性があるとしてリコールを発表しました。
ステンレスの小片が混入している可能性があるとのこと。
現時点で8件の苦情が寄せられているそうです。

さてこの異物混入、日本では社会問題化して工場が操業停止に追い込まれるなど、注目を浴びていますね。
製造現場において異物の混入を100%防ぐのは不可能で、アメリカでも定期的にリコールが発生しているのですが、日本のように社会問題化することはほぼありません。

この違いは何なんでしょう。

考えられる理由の一つは、アメリカではFDAによって異物混入の基準がきっちり作られていることです。"~には昆虫の断片50個までならOK"というように、最低限の許容範囲を決めて、それを超える混入に関しては法的責任が問われる、というルールができています。

もう一つは、対応マニュアルができあがっているということでしょう。
メーカーを代表する協会と小売を代表する協会が、リコールをスムーズに処理するための方策を共同で策定するということにアメリカは長く取り組んでいます。

こう考えると日本では、ざっくりとした基準と場当たり的な対応で、問題が表面化しやすいということが言えるようです。

鈴木敏仁 (01:38)


Bookmark and Share
2013年11月18日
[アマゾン] USポスタルサービスと提携して日曜宅配を開始

先週はまた研修のコーディネートでエントリーが減りました。
ダイジェストです。

[アマゾン] USポスタルサービスと提携して日曜宅配を開始
アマゾンがUSAポスタルサービス(アメリカ合衆国郵便公社)と組んで日曜宅配を開始します。
場所はシアトルとロサンゼルス、追加料金はなし、お客に特に知らせると言うことはなく通常のデリバリースケジュールの中に日曜日が組み込まれることになるようです。
USポスタルサービスは郵便物の減少とUPSやFedexとの競合で業績を悪化させてまして、今年は60億ドルという巨額の赤字を計上する予定の模様。
土曜日配達をやめたりオフィスの閉鎖などで一生懸命経費を削減しているところでして、これが日曜日宅配でアマゾンと組むというのはけっこう意外なニュースということができます。
即日に加えて日曜の宅配もこれから大手小売企業によるEコマースの取り組み課題になってきそうですね。


[スターバックス] クラフトに違約金27億ドルに支払い命令
スーパーマーケット向けのスタバのコーヒー豆はすべてクラフトが製造していました。開始は1998年。
ところがスタバが2010年に7億5,000万ドルを支払うから契約を破棄したいと申し出、しかしクラフトが拒否し、スタバは合意を得る前に取引を中止し、訴訟となっていたものです。
この背景にはシングルユースのポッド型コーヒーの普及がありました。
ちょっと長くなるので事情は割愛しますが、米スーパーマーケットのコーヒー豆の売場はこの数年で大きく様変わりして、ポッド型商品が圧倒的な陳列量となっています。
スタバはここへの参入を理由としてクラフトと袂を分かち、これでクラフトは大きく後退し、スタバの戦略がポッド型市場を決定づけたとも言えそうで、パッケージ商品でもスタバは大きな影響力を持っているということのようです。

[ウォルマート] 第3四半期の業績は売上増も既存店はマイナス
ウォルマートが第3四半期の決算を発表、連結売上高は1.6%増でしたが米国内事業の既存店成長率が0.3%減で、これで3四半期連続のマイナス、さらに第4四半期の見通しもネガティブ気味で、メディアがこぞって取り上げています。無保険者の縮小を目論むオバマケアが稼働し始めていて、これが低所得層の消費に与える影響を懸念するとしているのですが、最初は年初の減税プランの終了、11月のフードスタンプ(低所得層向けの食料費補助金)の減額、予算を巡る議会の紛糾、そして次が保険かと、既存店マイナスの言い訳がまた増えたとメディアはウォルマートを皮肉ってます。
これは私の見解でここで以前から書いてますが、ウォルマートの既存店は高止まりしていて、成長率は1~-1%程度の間を行き来するだろうと思っているので、そんなものでしょう。
前回書きましたが、店頭を見る限り歳末に向けてウォルマートはやる気満々です。

鈴木敏仁 (02:44)


Bookmark and Share
2013年4月30日
ホステス・ブランズの破綻とアメリカの労働組合 ~ その後

こういうエントリーを昨年の11月にしました。
ホステス・ブランズの破綻とアメリカの労働組合

その後、入札企業にウォルマートやクローガーが混じっていて話題となったのですが、結局5つに分断されて売却されることになったようです。
そのうちの最も有名なトィンキーズを買収したのが投資会社で、まもなく生産を再開するのですが、労働組合員を雇用しない方針であることが分かりました。

上記のリンク先のエントリーにもあるように組合が破綻を選択したわけですが、けっきょくそれが裏目に出たことになります。
分断された残りの4つのブランドはメーカーが買っておりたぶん組合が関連すると思うのですが、トィンキーズは規模が大きくて工場の数も多く、詳しい数値は分かりませんが全組合員の半分ぐらいは職を失うことになったのではないでしょうか。

非組合員として再雇用されれば済むことですが、おそらく給与は下げられることでしょう。とすると、最悪でも減給で再雇用されれば良い、可能性が少しでもある破綻を選択した、ということなのかもしれません。

専門外で論ずる資格がないのでここまでとしますが、最初のエントリーに書いたとおり、労使関係というものを考えさせられる事例だと思っています。

鈴木敏仁 (08:22)


Bookmark and Share
2012年12月20日
EDLPを採用する企業が増加中

今後3年以内に、EDLP、またはハイローとEDLPをミックするハイブリッド型を採用する企業が、両方合わせて75%に達しているという調査結果を業界誌が掲載しています。
実際に調査したのはアコスタ傘下のAMGストラテジック・アドバイザー社、小売企業に対する調査と実際に動いているフィールドからのフィードバックを元にしています。

理由の一つとして上げられているのが小売企業による低価格PB。
PBの存在によって価格競争力が弱くなりブランドスィッチを起こされているNBメーカーが、定番価格を下げるために"EDLPアローワンス"を提供しはじめている、と書いてあります。
つまり販促金として用意してあるプールを定番価格の値下げに使うメーカーが増えているということですね。
これは小売業側の思惑と言うよりも、CPGメーカーによる都合ということになります。

もちろんEDLP企業の好調も理由の一つでしょう。
ウォルマート、コストコ、ホームデポ、ロウズ、ダラーゼネラル、ファミリーダラー、ダラーツリー、トレーダージョーズ、アルディと、EDLPを採用している好調企業は枚挙にいとまがありません。
ターゲットも弱いハイローなのでハイブリッドEDLPに含んでも良いかもしれません。

ハイローどっぷりの日本の小売業界(またはメーカー業界)とは、価格政策においてアメリカは大きく異なってきていると言うことができます。

鈴木敏仁 (02:23)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]