2015年6月17日
[ターゲット] ファーマシー部門をCVSに売却

ターゲットがファマシー部門1,660ヶ所とインストアクリニック80ヶ所をCVSヘルスに19億ドルで売却すると発表しました。
ファーマシーにCVSの名称をつけてそのまま運営するということなので、テナントとして事業は継続されるということになるようですね。

ドラッグストアではなくファーマシーチェーンが中小スーパーマーケット内にテナントとして入るというケースはよくあるのですが、ターゲットクラスの大手企業の店内でCVSクラスの大手ドラッグストアがテナント展開するというのは前例がないと思います。

ターゲットのファーマシー部門は赤字のようでだから売却に踏み込んだ。
CVSにとっては新たな商圏の獲得、既存商圏の強化、につながる。

ただ赤字ですからね。CVSが黒字化できるのかどうか。

ターゲットがファーマシーを開始したときにこれは難しいだろうなあと予測したことがあるんですが、結局全店舗に水平展開して戦略的に強化しはじめて、軌道に乗ったと勝手に解釈していたのですが、実は赤字だったということに少々驚き、そしてなるほどと納得したのでした。

この意外なコラボ、うまくいくのかどうか注目ですね。

鈴木敏仁 (04:15)

コメントする

ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]