2018年7月18日
ミールキットのシェフドが破綻

ミールキッのシェフド(Chef'd)が破綻したと報じられました。
この結果残るのは、ブルーエプロン、ハローフレッシュ、ホームシェフの三社となります。

シェフドはサブスクリプション形式を取っていないこと、大手食品メーカーに協賛してもらっていること、の2つが特徴でした。
サブスクリプション形式を取らないと言うことは、需要が読みづらいということです。
そのため廃棄ロスが多かった。

特定メーカーとの提携がこれを補っていたわけですが、うまく回らなかったようですね。

ミールキットは急成長している市場で多くの企業が参入しましたが、そろそろふるい落としの段階に入っているようです。

鈴木敏仁 (11:48)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]