2020年1月17日
シェルが車内決済システムを全米展開

シェルが"レジなし決済"を導入します。
クライスラーに搭載されているUconnect Marketという車内端末プラットフォームを利用、近隣のシェルを探し、ガソリンを買い、決済するという一連の流れを車内端末で済ますことがきるというシステムです。

競合するモービルはアマゾンと組んで、携帯端末や車載端末を使っての音声コマンド決済をはじめたばかりですね。

"レジなし"という表現は実は少し狭い言い方で良くないのですが、いま世界で起こっている革新は、支払うという行為がデジタル化で消滅していくことなんですね。
決済それ自体はなくなりません。
現金を払うとか、カードを渡すとか、レジに並ぶとか、そういうフィジカルな行為がなくなるという意味です。
一言で言い表す良い表現がないので、とりあえず"レジなし決済"を使っています。

例えば日本の皆さんにとって分かりやすいのは、駅の改札です。
券売機で切符を買うという行為が不必要になりました。

例えばウーバーはライドシェアといって、遊んでいる車(と所有者としてのドライバー)と、どこかに行きたい人を、つなげるということをアプリで成立させたところに革新性があるわけですが、ただもっと重要なことは、車内で支払うと言う行為が消滅しているところにあるのです。
ライドシェアよりも"支払うという行為レス"の方が革新度は高いと私は思ってます。

アマゾンゴーに代表されるように小売でそれが始まってます。
実は外食でもはじまっているんですよね。

この波がガソリンスタンドにもやってきたというわけです。

鈴木敏仁 (02:19)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]