2020年2月28日
ヴァージニア州議会、自動宅配ロボットの車道走行を認可

バージニア州の州議会が自動宅配ロボットの車道走行を認可しました。
あとは州知事の署名待ち、署名されると7月から走らせることが可能になるそうです。

資料によると、原則として歩道走行、歩道がない場合は時速25マイルを上限として車道走行可、重量制限は500ポンド、となっています。

ヴァージニア州は全州に先立って、2017年に重量50ポンド以下のロボットの歩道走行を許可していて、今回は修正法案です。

この規制で俎上に上がっているのがアマゾンが実験しているスカウト。
バージニアに第2本社を作るということもあり、州が協力しているのかもしれません。

今月初頭には連邦当局(National Highway Traffic Safety Administration)がニューロ型の無人ロボットの走行を暫定的に認めています。
ニューロ型とはスカウトよりも大型で、バックミラーやウィンドシールドと言った装備なしでの走行を暫定的に認可、と説明されていました。

アメリカは新しい技術を受け入れるための規制緩和や修正のスピードが速いですね。
硬直化している日本と対照的です。

鈴木敏仁 (01:52)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]