2020年4月10日
広がる家賃の不払い

NYマンハッタンにオープンしたばかりの高級ショッピングモール、ハドソンヤーズのテナントの75%が4月の家賃を支払っていないと報じられました。
ハドソンヤーズは再開発物件で、オフィス、タワーマンション、モールが並んだ複合施設です。
昨年開業したのはフェーズ1で、まだフェーズがいくつか残っていると思います。

ハドソンヤーズを運営しているデベロッパーのリレイテッド・カンパニーズがテナントを調査したところ、半分は支払う余力があることを突き止めた、と報じられていて、家主とテナントの軋轢をうかがうことができます。

この75%というのは全米に典型的な数値と考えて良いかもしれませんね。
エリアやショッピングセンターのタイプによって異なるでしょうが、不払いはこのぐらいのレベルにまでなっているということです。

そうすると家主は金融機関に対するローンが払えなくなる。
玉突きです。
金融危機の四文字がちらつきます。

早いところコロナ渦がおさまって外出禁止令が解けて欲しいところです。

鈴木敏仁 (12:50)
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]