2021年5月13日
ウォルマートがバーチャル試着テクノロジーを開発するジーキットを買収

ウォルマートがバーチャル試着テクノロジーを開発しているジーキットを買収しました。

ウォルマートは基本的に実用衣料が中心で高価格帯を扱いません。
ただこれはリアル店舗の戦略です。ネットはおそらく上の方へと取り扱い範囲を広げたいはずで、だからボノボスやモドクロスといった企業を買収してきたわけです。

しかしご存知の通り両社ともにすでに売却済み、ネット上でもそう簡単に広げることはできていません。なぜなのかはおそらくこの会社のDNA的な話になるでしょう。

そういう状態の中で、バーチャル試着の技術を取り込むことで、高めのアパレルを売りやすくしたい、ということだと思います。
バーチャル試着はアパレルネット通販のゲームチェンジャーだ、と同社役員がコメントしてます。

ちなみにウォルマートのテクノロジー系人員数は万単位なので自社開発できるはずなのですが、それでもやはり買収戦略は欠かせないんですね。
悠長に時間をかけて開発などしていられない、技術を持った企業を買うことでスピードアップするということなのだと思います。

鈴木敏仁 (04:01)


Bookmark and Share
2021年5月 6日
【再掲】ウェビナーのご案内 今回のテーマはデジタルトランスフォーメーション

今までずっと鈴木が主体となってアメリカの小売業界をテーマとして話をしてきましたが、今回は趣向を変えます。
デジタルトランスフォーメーションとヨーロッパの小売業界をトピックとして、毎月末のセミナーの間にエキストラで一つ加えてみることとしました。
攻守も交代し、矢矧さん主体で、鈴木は聞き手となります。

矢矧さんはコンサルタントとして企業の業務プロセスの改善に携わってきて、DXも現場で指導してきた方です。
面白い話が聞けると思うので楽しみにして下さい。

【グローバル流通最新トレンド】 ライブアップデート #10

【日時】2021年5月13日 10:00開始(11:00終了予定)
【会場】オンライン
【講演者】矢矧 晴彦(経営コンサルタント)
               鈴木敏仁     
【受講料】3,000円
【申込締切】 2021年5月12日 10:00

皆さまのご参加をお待ち申し上げます。

鈴木敏仁 (04:07)


Bookmark and Share
2021年5月 5日
ウォルグリーン、短時間宅配の入り口を自社へ

ウォルグリーンが自社サイトやアプリでの買い物でも短時間宅配を可能としました。

短時間宅配のビジネスモデルはサードパーティのウェブサイトやアプリに小売企業が商品をリストアップするマーケットプレイス形式で、ギグワーカーが買物代行して宅配する形式です。

ウォルグリーンがはじめたのは、ウォルグリーンのサイトやアプリから買い物をスタートし、店員が商品をピックアップし用意して、宅配のみサードパーティに託すモデルです。

もちろんサードパーティから買い物をスタートすることも依然可能なので、ユーザーは双方から利用できるようになったということですね。

入口が前者は宅配企業だが、後者は小売企業、と言うことができます。

短時間宅配(日本では買い物代行)はサードパーティ側がずっと入り口できましたが、おそらくこれから大手を中心に入り口を自社へと移行する企業が増えると考えています。

鈴木敏仁 (04:36)


Bookmark and Share
2021年5月 3日
クローガーがドローン宅配の実験を開始

アマゾンやウォルマートなど複数の小売企業がドローン宅配の実験を続けていますが、クローガーが参戦しました。
テレグリッド・テクノロジー社と提携、オハイオ州のマーケットプレイス店舗で実験を開始しました。

今までのドローン宅配との違いは住所ではなくスマホの位置に配達できる点だそう。
例えばビーチや公園で遊んでいるときにその場所にモノを届けることができるという意味ですね。

ドローン宅配は当局の規制クリアが一気には進まないので、亀のスピードで少しずつ前進しているという状況です。

鈴木敏仁 (02:00)


Bookmark and Share
ペプシネックス



R2Link QR Code
R2Linkを携帯で!



バックナンバー

最近のトラックバック

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          



ソリューションを売れ!
ソリューションを売れ!


Twitter

このブログのフィードを取得
[フィードとは]